湘南3dayのワークショップに参加してきました。

湘南3dayのワークショップを受講してきました。

岡部明美さん、大塚あやこさん、立花岳志さんの合同で主催するワークショップは4年前に開催された時からずっと行きたいと思っていたが、なかなか調整がつかず、やっと実現しました。

なのですごいワクワク感満載でした!

個人的に岡部明美さんのLPL講座で学び続け、そして大塚あやこさんのBRC講座でも学び続け、そしてLPLで一緒に受講した立花岳志さんのB塾にも受講した私にとって、この超有名で個々にでも大活躍しているお三方が、揃ってワークショップを開くとどういうことになるのか、興味津々でした。

6月29日からの3日間。普通は梅雨真っ最中のはずが、なんと異例なことに梅雨が明けて快晴の幕開けでした。

場所は湘南、嫌が応にもテンションが上がります。

講座は、1日目と2日目に1~2時間のレクチャーがあるだけで、講師、お三方のそれぞれの公開セッション(通称大まな板)が目白押しに繰り広げられた!これぞワークショップっていうかんじ!!

1日目から大まな板が始まった。静かに滑り出したセッションは、淡々とした傾聴と質問力だけのように見えていたのが、最後には会場からおお~というざわめきが聞こえて大きな気づきをクライアントさんにもたらされた。

2日目には昼前から始まった大まな板が会場を大きく揺さぶって、大波がドッカンドッカンの、号泣の嵐が吹き荒れた(これは会場にいた人にしかわからない表現だが、グランドルールで、個人の情報がわかるような内容を公開してはならないという決まりがあるので、こうなってしまった。)

クライアントさんへの傾聴から始まり、過去を過去においてくるワークとして、ファミリーコンストレーションが始まり家族の座を立て、それぞれの代理の人がその場に立っていくと、不思議なことに、座のみんなが、それぞれの自分ごととして、その座を見守り、そして感極まって号泣していく。自分の幼い姿と重なったり、父母とのことを思い出し、あーそうだったと気づいて行く瞬間に出会うのです。みんなが座の主人公になって行く不思議な空間でした。

お昼を挟んで2日目は、もう一本スペシャルな大まな板があって。なんと1っ本のセッションを前半は、明美ちゃんが、後半は綾さんがそのセッションを引き継ぐという、他では見られないセッションが繰り広げられた!!

こんなのほかでは絶対見られないと思う。一期一会のセッションがどのように流れて行くのか見当もつかない中、サーカスの空中ブランコのようなドキドキ感を味わいました。

ファシリテーターでありカウンセラーのあけみちゃん、あやさんは、この座を信じてクライアントさんを信じて、進んで行くのでしょうが、初めて見るコラボセッションに半端ない興奮でその場に立ちすくんでいた。

アンカリングは、見事としか言いようのない着地でした。

あまりにもパーンと弾けてクライアントさんは狐につままれたようでした。きっと何日か後に腑に落ちるんだろうなあと思いました。

3日目はチームごとにビジョンコンストレーションが切り広げられて、それぞれに盛り上がりました。

最後はみんなの前で、ビジョンを宣言して、行進するという、はち切れんばかりの笑顔で終わりました。

私は、「ありのままの自分を信じて、歓びごとを胸に生きて行く」と宣言して、皆の前をステップで駆け抜けました。

もう一つこの湘南ワークショップの良いところ、2日目の夜はマイクロバスで移動して横須賀の海の上のレストランMARINE FARMでのスペシャルなお食事会でした。これもテンション上がりました~

このブログを書きながら思うのは、心の学びの世界に入ってから、心の自由度が増したことです。

行きたいと思う講座や場所には、自分で予定をやりくりして時間を作り、体調管理をして即行動できるようになったことです。

今回もそうですが行った先で、知らない人ばかりだったり、年齢が若い人ばかりだったとしても、躊躇なく違和感なくその場を楽しめるようになったことです。

湘南ワークショップには、立花さんの関係で、ツナゲルの若いメンバーがたくさん参加されていましたが、みなさんフレンドリーで明るく人生を楽しんでいるような方ばかりで、とてもフレッシュなエネルギーをたくさんいただきました。

あの場に参加された皆さんに感謝します。カンパ~イ!!

The following two tabs change content below.
炭屋 由美子

炭屋 由美子

岡部明美LPL養成講座認定セラピスト 大塚彩子ビリーフリセット認定カウンセラー  琉球舞踊愛好家 事業経営者に嫁いでから、会社経営と子育てに奮闘しながらも、心のザワザワを感じながら、生きてきました。38年間の結婚生活にピリオドを打った時、初めて、役割ばかりを背負い、本当の自分を生きてなかったことに、気づきます。心理カウンセラーとの出会いで、真に生きること、自分を信じることの歓びを感じることが出来ました。この歓びを一人でも多くの人に伝えていきたいと思います。