認定試験を受けて。

認定試験を受けて。

岡部明美さんの主催するLPL養成講座の認定試験を受けました。

今年は2回目のチャレンジでした。

去年は私を含め3人受けて、3人とも不合格でした。

今年は2回目というプレッシャーと、初めてじゃないという変な落ち着きと

ともに会場入りしました。

実技試験に当たるセッションを終えて、そのセッションの文字起こしと言われる

逐語記録の作成に2週間かけて提出。その3週間後に発表という段取りでした。

結果は10人受けて5人合格。去年の3人組は見事に合格いただきました。

今日は認定試験の合格を確認してから3日立ちました。

今ジワリと自分の中から静かだけど、深い喜びを味わっています。

そしてなぜこんなにも、チャレンジし続けるのだろう?という?

自分の心模様を書いてみたくなりました。

 

心理カウンセラー養成講座という分野に足を向ける人は、もちろん最初から、

カウンセラーを目指してる方もいるかもしれないけれど、大半は、いろいろな悩

みや、自分の心が生きづらいとか、苦しいので、これを何とかしたいと思って扉

を開けるのではないでしょうか?

つまり一般的には、自分が幸せになりたい、ハッピーになりたいというのが根底

にあるのです。

毎日の生活の中でのうまく回っていかない歯車を、うまく軌道に乗せてスムーズ

に人生を走りたい。

自分のネガティブな感情を誰かのせいにして、うつむいて歩く人生はもう嫌だ=!!

私はこれが一番強かったです。

だって明美ちゃん(師匠の岡部明美さんです。本人が先生と呼ばれるのを嫌っているので、みんなこう呼んでいます)

の講座を受けると、こんなにも、安心安全な場所があるのかとびっくりするのだ

けれども、講座の場のエネルギーが愛に満ち溢れているのです。

はじめて講座を受けたときは、なんでかわからないけれど、やたらと涙が溢れて

きて号泣して止まらなかったのを思い出します。

きっと今まで自分でさえも自分のことを大切にせずに、周りの事ばかりに気を使

い、置き去りにされてきた私の魂の喜びの声だったのだと、今にしてみると納得

できます。

私は自分の至らない点だけをみて、自分を責め続けてきた、犠牲的な人生に気づ

いていきました。

それからはもう、止まらない、何があっても止まらない~でここまできました。

去年認定試験受けた時、またさらにびっくりしました!

私たち3人とも試験後の明美ちゃんの愛のフィードバックに悩殺されました。

カウンセラーになるということはクライアントさんの人生に大きく関わることに

なるのだから、生半可に向き会ってはいけない、ものすごい覚悟がいることなん

だ!と永遠に語り継いでくれました。

私達はどれほどのダメ出しをされても、レコーダーで明美ちゃんの言葉を録音し

ながら、一語一句聞き漏らすまいと前のめりに耳をダンボにして聞いていました。

明美ちゃんのフィードバックを聴きながら、打ちのめされることもなく、むしろ

勇気が湧いてくるのはなぜなんだろう?

私たち3人の90分のセッション2回ずつのセッションだったので、6回分のセッ

ションを一人一人に向けて真剣にフィードバックしてくれる明美ちゃんに、

有難くて感謝の思いで涙が止まりませんでした。

どんなにダメ出しをされてもそこに愛があれば、素直に自分の至らなさを観てい

くことができます。落ちても次も受けたい!って密かに思っていました。

その愛のフィードバックに火をつけられた感じでした。

それから一年グループリーダーの見習いの気持ちで講座のアシスタントに立ち続

けられたのは、

試験に落ちても私たちの本来の価値は変わらないという自己信頼を持ち続けるこ

とができたからだと思います。

 

これは明美ちゃんの愛のフィードバックをもらえたおかげです。

この確信は大きかったなあと思うのです。

だから試験に落ちても堂々と胸を張って、仲間の前に立つことができました。

この一年間無心に学ぶことができました。

そして今年の認定試験。10名受けて5人の合格。

全員が一堂に顔を合わせての発表。普通は考えられないと思います。明暗が入り

混じるわけだから。

合否の発表をしながら一人一人に細かいコメントをされます。何処が良くってど

こが惜しかった。どこのポイントで落ちた。とか本当に記憶力に感心するくらい

のコメントだった。

 

そこで学んだことがある。

できなかったこと、残念だったことを相手に伝えることは、言われた本人もさる

ことながら、明美ちゃんにとってはとても辛いことのはず。それなのに細かく伝

えることというのは、その人への愛なくしては伝えられないことなのだろうと思

った。

まさに脱帽です。

心の探求を続けている我々の目標でもあるなあと思いました。講座の中でアイメ

ッセージとサンドイッチ・ストロークを学ぶがまさに実践を見せてもらった気が

しました。

そういうわけでその後の懇親会は一人もかけることなく全員参加の会になりました。

学びの場のエネルギーは一人一人が作り出すものなので、私もまたこのメンバー

とともに真摯に自分に向き合って

学び続けたいと思いました。

ブログを書く前に引いたカードがこれ。 SILENCE 「沈黙」

電車に乗っている時の話

電車に乗っていた時の話。

次は、温泉中町~温泉中町~

とアナウンスがするので

えっ!温泉の中にある町?

随分レトロな名前の町だなぁ~

と思っていたら

門前仲町だった‼️

まだ寝ぼけているなー私。

ピアな瞳に魅せられて。

ピアな瞳に魅せられて!

娘が泊まりにきていた。9ヶ月の孫も一緒。

パタパタパタパタとハイハイでどこまでもついてくる。

そしてじーっとじーっと顔を見る。

ピアな瞳でじーっと見る。

そんなに見つめると顔に穴が空いちゃうよー

声をかけるとニコーって笑う、

可愛いよね~

目に入れても痛くないっていう表現よくわかるわー

 

自分が子育ての頃はこの感じあったかなあ?

いつもいっぱいいっぱいで余裕なく過ごしていたかなあ

やることたくさんで、全部一人で背負ってて・・

ほんとは、もっとゆったりと向き合っていたかったなあ

もっと楽しんでやれればよかったのになあ

ごめんねー 私の当時赤ちゃんに心の中で謝る

 

今の世代のママさんたちは、時代感もあるけど

大事に上手に子育てをしているなあって思う

「ごめんね待たせたね、おっぱい欲しかったんだよね」

赤ちゃんの目を見て話しかけて相手している

本当に上手だなあと感心する

 

あー三度三度作ってもらうご飯って美味しいねー

実家っていいよねー

娘がリラックスした顔で言う

ママになって初めて実家のありがたさがわかるよね

私もそうだった、

自分の母親に赤ちゃん見てもらうとホッとするよねー

私もたくさんの荷物と子供達を連れて実家行くの楽しみだったな

こうやって子育てしながら母親はたくましくなるよね、

 

街で自転車の前と後ろに子供を乗せているママたちを見ると

バタバタと大変な時期だろうなあって思う

でも後から振り返ると、一番良い時期でもあるからね

ガンバレ~って心の中で叫んでいる

今日も自転車がピューっとすれ違った

えっ!前と後ろと背中にもベビーがいたっ!

すごいパワーだなあ、感心してしまう。

国立劇場で琉球舞踊を踊ってきました。

国立劇場の初舞台が無事に終わった~

三時間半にも及ぶ舞台のために朝早くから会場入りして、

会場を出たのは9時間後でした!

私と初舞台の3人組は国立劇場の舞台裏で、初めての事ばかりで

興奮さめやらぬの心境でしたー。

舞台化粧をして琉球の雅な髪結いと艶やかな衣装のど真ん中で、

次々と仕上がっていく舞姫達に、

自分の支度も上の空でドキドキバクバクの心模様~💖

9番目の自分達の出番を無事に終わると、素早く化粧を落として、

舞台の袖裏に陣取り、先生方の華やかな舞台をウットリと

堪能しましたー💖

琉球舞踊って素敵~~

今日は幸せな1日でした‼

今日は大切な日

 

今日は大切な門出の日。

引いたカードがこれ。

CLINGING TO THE PAST

過去への執着

もう要らなくなった過去への執着を手放して

今ここにしっかりと立とう。

何も考えず目の前の事だけに集中しよう

自分を信じて。

国立劇場の舞台にデビューします

 

国立劇場の舞台にデビューします。

東京琉球舞踊協会は毎年国立劇場で公演が開催される。

いろんな流派のそうそうたるメンバーが出演されるので、楽しみにしている舞台である。

いつもはチケットを購入して観る側なのに、なんと、今回は出演する側になってしまった❗

我が流派から私を含めて、3人のデビューだ!

去年から特別稽古が組まれていて、デビュー組の私達は、汗だくでお稽古をつけてもらっている。

衣装も揃ったし、先日はパンフレット用の写真撮影もなんとか済んだ。

カウントダウンが始まり、その日に向けて猛練習の日々だっ❗

群舞なので、皆と息を合わせることがとても大事!  あー緊張する!!

今日も稽古は続きます。

野川の夜桜いって来た

野川の夜桜、そっと行って来た

桜満開のニュースに、ヤバイ、

今年も見逃しちゃいそう・・

と思い、野川の桜を見に言った。

知る人ぞ知る、調布の野川の夜桜ライトアップイベント。

地元の照明会社さんが主催する一夜限りのイベント。

最初は野川沿いにある照明会社さんだけの夜桜見物のためのライトアップだったのが、あっという間に口コミで広がって、今年はいつライトアップするのだろうと年々見学者が増えて、毎年たった1日だけの夜桜ライトアップに大勢の見物客に、地元警察署も出動して大イベントになっていた。

問題はいつ開催日なのかがマル秘になっていること。

みんな、いつかいつかとネットの前で待っている

私は待てずに昨日そっと見て来た

ライトアップの夜桜見たいなー!!

OSHO禅タロット 今日の一枚

 

『ありのままを受け入れる』の問いで引いた今日のカード

CONTROL

自分をコントロールしている人は、いつも神経質になっている。

奥深いところに依然として動揺が隠されているからだ。

未だ ジタバタしている。

今のその心の状態も、ただ受け入れよう。

自分軸で生きるということ。

 

あるときふと気がつく

いつも人の目を気にしてるなー

こんなこと言ったら嫌われるかな

わがままな人だと思われるかな

言いたいこと言ったら嫌われる

私はわがままだ

そう信じていたんだよね

だから

いつも相手が喜ぶことを言ってる

いい人と思われたい

役立ちたい

人のために一生懸命

いつも私の心は置いてけぼり

人のことばかり・・

他人軸・・・

これが他人軸?

ずーっと気付かずに生きてきた

正しい生き方だと思っていた

自分が傷つかずにすむやり方

私は大丈夫

これはいつもの常套句。

でも心はザワザワ

泣いてた

自分の本音に気づいたら

いつも後回しにして、

ごめんねわたし・・

誰も私を傷つけることはできない

私がそれを認めない限り

私を傷つけていたのは他ならぬ私

あ~そう思うと目から鱗

どんなに遠回りして来たことか

私が私を傷つけたそのエネルギーは

ちゃんと葬って流そう

感謝を込めて

だってそれがあったから

頑張れたんだ私

私のパワーに源だった

もうこれからは自分軸で生きる

肚からそう思える

琉球舞踊のお稽古の話

 

琉球舞踊のお稽古の話
私の所属する琉球舞踊の教室は、主催が企画会社と
いうこともあって、
琉球舞踊のイベントがとても多い。

このところ目白押しで、出演舞台が重なっていて
今日は、その演目ごとの打ち合わせのお稽古。

所属は違うのだけれど、
1歳になったばかりのベビーを連れて参加された先生がいらした。
そのベビーは産まれた時から、琉球舞踊の踊りの中で育ち、
特に男踊りが好きで、扇がお気に入りのようだ。
今日が、二本足の初歩きの日だったようで、
みんなが踊るその輪の中で、ハイハイをしながら、
巧みに母親のそばに移動し、
絶妙なポジションにハイハイで止まる。
挙句にママの扇を取り上げてしまった。
自分も参加しているつもりなのだろうか?
将来は、琉球舞踊芸能の優良児になるかもしれない。
蛙の子は蛙だなあと思った。
とっても可愛い!!