国立劇場で琉球舞踊を踊ってきました。

国立劇場の初舞台が無事に終わった~

三時間半にも及ぶ舞台のために朝早くから会場入りして、

会場を出たのは9時間後でした!

私と初舞台の3人組は国立劇場の舞台裏で、初めての事ばかりで

興奮さめやらぬの心境でしたー。

舞台化粧をして琉球の雅な髪結いと艶やかな衣装のど真ん中で、

次々と仕上がっていく舞姫達に、

自分の支度も上の空でドキドキバクバクの心模様~💖

9番目の自分達の出番を無事に終わると、素早く化粧を落として、

舞台の袖裏に陣取り、先生方の華やかな舞台をウットリと

堪能しましたー💖

琉球舞踊って素敵~~

今日は幸せな1日でした‼

今日は大切な日

 

今日は大切な門出の日。

引いたカードがこれ。

CLINGING TO THE PAST

過去への執着

もう要らなくなった過去への執着を手放して

今ここにしっかりと立とう。

何も考えず目の前の事だけに集中しよう

自分を信じて。

国立劇場の舞台にデビューします

 

国立劇場の舞台にデビューします。

東京琉球舞踊協会は毎年国立劇場で公演が開催される。

いろんな流派のそうそうたるメンバーが出演されるので、楽しみにしている舞台である。

いつもはチケットを購入して観る側なのに、なんと、今回は出演する側になってしまった❗

我が流派から私を含めて、3人のデビューだ!

去年から特別稽古が組まれていて、デビュー組の私達は、汗だくでお稽古をつけてもらっている。

衣装も揃ったし、先日はパンフレット用の写真撮影もなんとか済んだ。

カウントダウンが始まり、その日に向けて猛練習の日々だっ❗

群舞なので、皆と息を合わせることがとても大事!  あー緊張する!!

今日も稽古は続きます。

野川の夜桜いって来た

野川の夜桜、そっと行って来た

桜満開のニュースに、ヤバイ、

今年も見逃しちゃいそう・・

と思い、野川の桜を見に言った。

知る人ぞ知る、調布の野川の夜桜ライトアップイベント。

地元の照明会社さんが主催する一夜限りのイベント。

最初は野川沿いにある照明会社さんだけの夜桜見物のためのライトアップだったのが、あっという間に口コミで広がって、今年はいつライトアップするのだろうと年々見学者が増えて、毎年たった1日だけの夜桜ライトアップに大勢の見物客に、地元警察署も出動して大イベントになっていた。

問題はいつ開催日なのかがマル秘になっていること。

みんな、いつかいつかとネットの前で待っている

私は待てずに昨日そっと見て来た

ライトアップの夜桜見たいなー!!

OSHO禅タロット 今日の一枚

 

『ありのままを受け入れる』の問いで引いた今日のカード

CONTROL

自分をコントロールしている人は、いつも神経質になっている。

奥深いところに依然として動揺が隠されているからだ。

未だ ジタバタしている。

今のその心の状態も、ただ受け入れよう。

自分軸で生きるということ。

 

あるときふと気がつく

いつも人の目を気にしてるなー

こんなこと言ったら嫌われるかな

わがままな人だと思われるかな

言いたいこと言ったら嫌われる

私はわがままだ

そう信じていたんだよね

だから

いつも相手が喜ぶことを言ってる

いい人と思われたい

役立ちたい

人のために一生懸命

いつも私の心は置いてけぼり

人のことばかり・・

他人軸・・・

これが他人軸?

ずーっと気付かずに生きてきた

正しい生き方だと思っていた

自分が傷つかずにすむやり方

私は大丈夫

これはいつもの常套句。

でも心はザワザワ

泣いてた

自分の本音に気づいたら

いつも後回しにして、

ごめんねわたし・・

誰も私を傷つけることはできない

私がそれを認めない限り

私を傷つけていたのは他ならぬ私

あ~そう思うと目から鱗

どんなに遠回りして来たことか

私が私を傷つけたそのエネルギーは

ちゃんと葬って流そう

感謝を込めて

だってそれがあったから

頑張れたんだ私

私のパワーに源だった

もうこれからは自分軸で生きる

肚からそう思える

琉球舞踊のお稽古の話

 

琉球舞踊のお稽古の話
私の所属する琉球舞踊の教室は、主催が企画会社と
いうこともあって、
琉球舞踊のイベントがとても多い。

このところ目白押しで、出演舞台が重なっていて
今日は、その演目ごとの打ち合わせのお稽古。

所属は違うのだけれど、
1歳になったばかりのベビーを連れて参加された先生がいらした。
そのベビーは産まれた時から、琉球舞踊の踊りの中で育ち、
特に男踊りが好きで、扇がお気に入りのようだ。
今日が、二本足の初歩きの日だったようで、
みんなが踊るその輪の中で、ハイハイをしながら、
巧みに母親のそばに移動し、
絶妙なポジションにハイハイで止まる。
挙句にママの扇を取り上げてしまった。
自分も参加しているつもりなのだろうか?
将来は、琉球舞踊芸能の優良児になるかもしれない。
蛙の子は蛙だなあと思った。
とっても可愛い!!

写真撮影会でした。

今日は、踊りのプロフィール写真撮影会だ。
4月に国立劇場に出演するための、パンフレット用の
写真を撮る。
他の先輩方は、すでにあるので
私たち今年デビュー組のための撮影会を設置してくれた。
留袖を着て、髪を結い上げてカメラの前に立つ。
緊張の一瞬。
諸先生方や、ベテランの先輩、他の流派の方々の中に加えていただくということ。
いやー!身が引き締まる思いです。
琉球舞踊を続けて来てよかった。
教室の若い仲間に支えられて、ここまで来た。
自分が若い頃は、琉球舞踊に全然興味がわかなかったのに
あるとき、ふと三線の音と琉歌を耳にした時
私の沖縄の血がうずいたのよね〜
懐かしいというよりも、乾いていた心に踊りたくなるような
これ欲しかったのよ〜という衝撃。
琉球の血が私の中に流れているという認識。
18歳まで沖縄で暮らしていたが、
沖縄の人は、悲惨な戦争を体験して、
ぬちどう宝(命が宝)が身に沁みている。
どんな辛いことがあっても生きていればなんとかなるさー
で生きて来た。命の底力を感じる。
だから琉球芸能は、庶民の体に染み付いているんだと
最近しみじみ思う。
沖縄の結婚式は三日三晩踊り狂う。私のいとこは中城の出身だが
その結婚式はまさにそんな感じだった。
花婿花嫁を巻き込んで踊りこむのだ。
また宴会が皆、芸達者でとっても面白い。
あのような体験は、もうないだろうな。
沖縄のオジーやオバーの踊るカチャーシーの踊りは
とても個性的で味わいがある、まさに庶民のものだ。
東京で琉球舞踊を踊れるのは、とても幸運なことだ。
これからも身体が続く限り、琉球舞踊を楽しんで行きたい!

今日は、ひなまつり

いつのまにか日差しが力強く感じて・

春の予感。

季節は忘れずにやってくる!

自然の営みってすごいね!

今日は、ひな祭り。心がほっこりしますね

チラシ出来ました。

息子から、きっといいことあるよ、って

誘われた3dayのワークショップ。

そこから始まった、私の本当の旅。

その頃は、子育ても終わっていたし、

離婚もしたばっかりだったし、

自分がどこに進むのか全く先が見えなかった。

そんな時出会ったのが、岡部明美さんの

草津ワークショップだった。

その時の衝撃はとても言葉で言い表せない。

産まれて初めて魂が震え出すほどの、歓びを味わった。

あ~この事に出会えるために生きてきたと、マジ思った。

もうそれからの3年間、無我夢中だった。

師匠の岡部明美さんや大塚あやこさんも素晴らしい方だし、

また共に学ぶ仲間が、素晴らしかった。

心理カウンセリングに出会い、真に生きること、

自分を信じることの歓びを感じ、

この歓びを、一人でも多くの人に伝えたいと思いました。

今日から船出です。