写真撮影会でした。

今日は、踊りのプロフィール写真撮影会だ。
4月に国立劇場に出演するための、パンフレット用の
写真を撮る。
他の先輩方は、すでにあるので
私たち今年デビュー組のための撮影会を設置してくれた。
留袖を着て、髪を結い上げてカメラの前に立つ。
緊張の一瞬。
諸先生方や、ベテランの先輩、他の流派の方々の中に加えていただくということ。
いやー!身が引き締まる思いです。
琉球舞踊を続けて来てよかった。
教室の若い仲間に支えられて、ここまで来た。
自分が若い頃は、琉球舞踊に全然興味がわかなかったのに
あるとき、ふと三線の音と琉歌を耳にした時
私の沖縄の血がうずいたのよね〜
懐かしいというよりも、乾いていた心に踊りたくなるような
これ欲しかったのよ〜という衝撃。
琉球の血が私の中に流れているという認識。
18歳まで沖縄で暮らしていたが、
沖縄の人は、悲惨な戦争を体験して、
ぬちどう宝(命が宝)が身に沁みている。
どんな辛いことがあっても生きていればなんとかなるさー
で生きて来た。命の底力を感じる。
だから琉球芸能は、庶民の体に染み付いているんだと
最近しみじみ思う。
沖縄の結婚式は三日三晩踊り狂う。私のいとこは中城の出身だが
その結婚式はまさにそんな感じだった。
花婿花嫁を巻き込んで踊りこむのだ。
また宴会が皆、芸達者でとっても面白い。
あのような体験は、もうないだろうな。
沖縄のオジーやオバーの踊るカチャーシーの踊りは
とても個性的で味わいがある、まさに庶民のものだ。
東京で琉球舞踊を踊れるのは、とても幸運なことだ。
これからも身体が続く限り、琉球舞踊を楽しんで行きたい!

今日は、ひなまつり

いつのまにか日差しが力強く感じて・

春の予感。

季節は忘れずにやってくる!

自然の営みってすごいね!

今日は、ひな祭り。心がほっこりしますね

チラシ出来ました。

息子から、きっといいことあるよ、って

誘われた3dayのワークショップ。

そこから始まった、私の本当の旅。

その頃は、子育ても終わっていたし、

離婚もしたばっかりだったし、

自分がどこに進むのか全く先が見えなかった。

そんな時出会ったのが、岡部明美さんの

草津ワークショップだった。

その時の衝撃はとても言葉で言い表せない。

産まれて初めて魂が震え出すほどの、歓びを味わった。

あ~この事に出会えるために生きてきたと、マジ思った。

もうそれからの3年間、無我夢中だった。

師匠の岡部明美さんや大塚あやこさんも素晴らしい方だし、

また共に学ぶ仲間が、素晴らしかった。

心理カウンセリングに出会い、真に生きること、

自分を信じることの歓びを感じ、

この歓びを、一人でも多くの人に伝えたいと思いました。

今日から船出です。

ビリーフリセットカウンセラーのプロコースが始まりました。

先週の土日は、

大塚あやさんの、ビリーフリセットカウンセラーの

プロコースの2期のスタートでした。

9ヶ月間の講座を受けてなお、

少数精鋭の方ばかりなので、その空気感は半端なくて、

場のエネルギーがものすごく高いと思いました。

自分も1年前には、こんな面持ちでいたのかと、

思いながらアシスタントの席に座っていました。

みんな本気で自分の人生を変えたい、進みたい人ばかりです。

自分の中の違和感や、不安、恐れと向き合いながらも、

それでも己の真実の声に出会うことに挑んでいるのでしょう。

人が勇気を出して、真実に向かい合う姿は、

なんと荘厳で美しいことか、

何回もそういう場に居合わせてもらいました。

これから始まるプロコースは、講師のあやさんも、

なみなみならぬ本気モードで、体当たりで関わってくださいます。

プレゼン有り、ボイストレーニング有り、入門講座の実践有りで、

盛りだくさんの内容で、私たち1期生も、

無我夢中で、走り抜けた感があります。

みんなの、内側から溢れ出てくるような、

覚悟を持った情熱を間近かで見ていると、

こちらまで、前進するエネルギーをもらえた感じで、

共に学びたいという想いでいっぱいです。

タイムズのカーシェアリング初乗りしました。

タイムズのカーシェアリング、初乗りした!

自宅を駅前に引っ越したのを、きっかけに

長い間乗りつづけていた、車を手放した。

今まで毎日2時間くらいの通勤タイムに

車に乗っていたが、会社辞めてから、

駅前に引っ越し、車生活をやめてみた。

思ったより不自由はなかった。

車両にかかる保険や、燃料費、駐車料金

が無しになって、活動の足は電車になった。

移動はもっぱら電車と足だけ。

おかげで脚力がついたように思う。

前より駅の階段は辛くない。慣れたのかな?

しかし、ひとつ不自由なことがあった。

PCを買い換えたので、解約に行くのに、

店舗が遠い。重いPCno荷物にあるし、

タクシーで行こうかと思ったが、

そうか!今日はカーシャリングをしようと思った。

そんな時のためにと、

タイムズの会員になっていたんだ。

前々から、行きたいのに、引伸ば場していた、

PCの解約にカーシェアで行こう!!となった。

ネットで予約をして、現地に行き、

マニュアル通りに車に乗れた。

思ったよりスムーズだった。

車に乗っちゃえば、あとはスイスイ〜

PC店舗で少し時間かかったけど、次は、

自宅が引っ越して遠ざかっていた

パルコに買い物に行った。

馴染みのお店があるので行きたかったのを、

思い出した。

もういけないと諦めていたけど、

カーシェアリングだったら、気軽に行けるのね〜

なんでも試してみるもんだわ〜。

今日は充実した時間を過ごせました。

琉球舞踊の舞台を観てきました。

今日は、沖縄の三線で有名な野村流の記念公園
に行ってきた。

琉球舞踊の舞台を見てきたがやはり古典音楽は

好きだなーと思う。

私の所属する研究所も出演していた。

私も参加するはずだったけど、体調崩して降板の

届けが遅くなり、

パンフレットには私の名前が載っていた。

仲間には申し訳なく思った。

舞台で生き生きと踊る仲間の、晴れの舞台は

眩しく輝いていた。

沖縄の三線の流派には、色々ある中で、野村流は

有名だ。野村流保存会の会長さんの挨拶の中に

創立40周年の一番最初は、沖縄人だけで14人から
始めて、

今は120人まで増えたという話が印象的だった。

琉球舞踊の組踊は、文化遺産にも登録されているし

沖縄の文化がもっと一般的になるといなあと思う。

帰りはワインを一杯飲んで帰路につく。

夜景を観ながら、静かに過ごすのもお気に入りだ。

愛の伝え方にも色々あるなーという話

 

愛の伝え方にも色々あるなーという話

どうして何度も同じことを言ってもわからないのー

こうして欲しいって言ったのになんで伝わらないのかなあ

それに対して相手は??

私だって、俺だって・・言いたいことがあるのに

理詰めで迫られたり、言い訳だよって言われたり・・

すると、聞く耳持たず自分の世界に入るしかない

これは、極めて近しい関係の中で起こることが多い

親子とか夫婦とか、

こいう状況はどうして起こるのだろうか?

きっと現代の時の流れは早すぎるのかもしれない

誰もがやるべきことが山のようにあり、

あれもしなくちゃこれも・・・って

そしていつも睡眠不足、体調不良、

身体が元気でも心が不良、いっぱいいっぱい、

誰もが、
心のスペースが少なくなっているのかもしれない

みんな余裕がないという状態かも

本当は仲良くしたいのが本音。

わかりあいたいのが本音。

それなのに、絡まっちゃってすれ違いばかり

一番大事な人に本当の事伝わらない

愛の伝え方って難しいなぁ

自分は何がしたいのか

自分は何がしたいのか?

それが明確だったら、どんなに人生楽だろう。

自分の好きなもの、したいこと、

これをしていると時間を忘れてしまうもの、

自分はこれをしたいために生まれて来たんだと

思えるくらい好きなもの。

しかし毎日の生活の中では、

やるべきことが山のように押し寄せてくる。

朝起きると、身支度して、会社に行って、

全速力で仕事して、

残業してヘトヘトに疲れて帰って寝る。

いつもせかせかと急ぎ足

ある日、急に周りの景色が変わって見える。

これでいいんだろうか?

自分は何がしたかったんだろうか?

いつもの日々の中で、ふと、立ち止まって、

何してるんだろう私?

急に迷子になったような気持ちになったこと

ありませんか?

そんなときは、自分に還る時間かもしれません。

心静かに、自分の内側に想いを馳せて見る。

内観とも言いますが、

静かに胸に手を当てて、深い呼吸をして見る。

自分の心に意識を向けて見る

周りの事ばかりに神経を張ることばかりでなく

自分の内側に意識を向けて見る

ああ急ぎ足だったな、少し余裕がないかもな

今日はゆっくり時間かけてお風呂に入ろうかな

自分を気遣う気持ちを意識して持ちませんか?

いつも周りに神経張る毎日だからこそ

私頑張ってるよねって自分を認めてあげたい

誰かにもらうのではなく、

自分のこと自分で認めてあげる。

それだけでいいの。

函館は雪だった。

函館に着いたら、雪一面だった。

大型の寒波が来て、函館は、烈しい雪だった。

大雪のため、着陸は危ぶまれたけど、

運がいいことに着陸時は、吹雪が収まって、

無事に着くことができた。

函館の滞在は、楽しいことになりそうだなあ。

年末年始を、娘のところで迎えるのは、2年ぶりだ。

孫が5人もいるので、賑やかで、テンションが上がる。

孫は双子が2組もいるので、

それを眺めているだけでも楽しい。

3歳の双子を10歳の双子が面倒見ている。

一昨年は、双子が双子をおんぶしていた。

年中くっついていて、

寂しいってことはないんだろうねえ、

っていうと、娘が、そんなことないよ、

さみしいときは二人して、

さみしいって泣いてるよ〜だって。

今まで双子に遭遇することがなかったから、

双子の孫の様子を、眺めることは、

テレビ見るやりも楽しい!!

賑やかなお正月になりそうだわ〜